« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2016年8月

2016年8月13日 (土)

7/16 入川渓谷ハイキング

毎年ある秩父鉄道・西武鉄道 共同開催のハイキングイベントで、奥秩父・荒川の源流 入川渓谷を歩いて来ました。

今回は埼玉県も共同開催で、ひと筆書きのあの方と「一緒に歩こう!」になっていました。 (前日まで知らなかった。詳しくは案内チラシ拡大で)
人気者ですね。 今回の参加者は、1000人超だったそうです。 
写真・サイン禁止だったので、証拠写真はありませんが、スタート地点の川又バス停から荒川の起点まで行って帰ってくる往復路(約10km)だったので、参加者全員田中さんに出会える様になっていました。 

私も林道でお遭いし挨拶しました。 ツルツル頭と小学生の様な笑顔がピカピカに光っていました。 アスリートの雰囲気でしたよ。


↓秩父鉄道・三峰口駅前集合。 大型の送迎バスで、国道140号を移動。 ずいぶんと奥地に来た感じで、静かな細長~い秩父湖が見えると、バス旅の気分になりました。 
Imgp1807s Imgp1713s

↓スタート地点の川又バス停。 国道を少し歩いて、入川渓谷の入口へ。 林道では、ヤマユリが咲いていました。
Imgp1715s Imgp1717s

↓ずっと川沿い歩き。
Imgp1726s Imgp1731s

↓今回は、ほとんどが緩やかな勾配の道でした。 ガイドさんが、詩人であり、林業の実業家でもあった「前田夕暮」の歌碑の前で解説中です。別荘のあった所を見ています。
Imgp1733s Imgp1732s

↓東京大学が管理する演習林を通過。
Imgp1734s Imgp1738s

↓サワラの森。 文化財建造物の屋根葺材料によく使われるとのこと。
Imgp1740s Imgp1739s

↓材木を運んだ、トロッコ軌道跡。 渓谷沿い、崖っぷちにずっと続きます。 トロッコの気分で歩きました。
Imgp1741s Imgp1744s

Imgp1746s Imgp1749s

↓川沿いのサワグルミ。               奥秩父といえば苔らしいです。
Imgp1761s Imgp1765s

↓初めて見ました。タマガワホトトギス(玉川杜鵑)、黄色です。 昭和23年から45年間走っていたトロッコ図。
Imgp1768s Imgp1773s

↓折り返し地点は、人多し。 ここから先は行きたい人だけ、急登5分位で赤沢吊橋。 折り返し地点に戻る。
Imgp1772s Imgp1775s

↓どこでも休憩中。 一級河川荒川の行政上の起点の石碑。 源流はずっと先の上、甲武信ヶ岳(2475m)の埼玉側だそうです。 ジオガイドさんに解説して頂きました。              
Imgp1786s Imgp1785s

↓「奥秩父と秩父盆地の地層は違うんですよ」などなど解説を聞いているところ。 来た道を戻ります。 ヤブレガサ。
Imgp1790s_3 Imgp1793s_2

↓入川渓谷観光釣場もありました。 良い環境で、空気も良い、道幅のある林道は、走りたくなりました。 バス停に戻る。 雲が多くて、周りの山々は全く見えませんでしたが、良い雰囲気でした。
Imgp1794s_3 Imgp1802s_2

秩父往還の栃本集落(750m)へは、このバス停から歩くので、看板がありました。 歩いてみたいけど、あまりにも奥地で、、、バスの窓からでしたが、鹿、見ました。
coldsweats01

この日は 26,267歩。
foot

帰りの秩父鉄道の車両は、三峰神社ラッピングされていて、それも外側だけでなく、内側も。 驚きました。
happy01

« 2016年7月 | トップページ | 2016年9月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

ポチ

  • ココログの部屋に移動します
    ポチッとよろしく!
無料ブログはココログ